Entries

【デッキ解説】オレタンDMCS使用デッキ解説【デアリ剣】

今回も性懲りもなくデアリガズのバスターを使いました。
単騎ラフルルを決めるデアリガズですが、デアリガズならではのマナロックによる暴力ビートダウンもルートとして取れるので、デッキによっては単騎だけで事足りるパターンも存在します。

戦績は4-2で、負けた2試合はいずれも2-3ブースト10枚がいずれも引けず4ターンスタートしたことが大きな敗因です。
予選5回戦目は解体で裏切り魔狼を抜いた後にトップで裏切り魔狼を引かれ、決勝1戦目ではメンデルスゾーンの2ブーストが決まってこちらが事故っている時点でゲームの大半が終了していましたね……

モルネク剣にはあまり勝率が取れないのが課題ですね。しっかりと動けないとあっさり死にます(ちゃんと動けて、解体などでスクランブルマナロを避けれれば殺せます)。
ただ、その他のデッキには堅実に勝ちを稼いでくれるデッキなので、現環境では割と強い部類にあたるのではないのでしょうか。


構築はツイッターに貼っていますので、それの引用をば。



文字ベースでも書き起こしておきます。

『ドギラゴン剣(黒赤緑/マナクラ+ライプラ)』

4 x フェアリー・ライフ
4 x 霞み妖精ジャスミン
2 x 神秘の宝箱
2 x マナ・クライシス
2 x ライフプラン・チャージャー

1 x 禁断~封印されしX~/伝説の禁断 ドキンダムX
2 x 単騎連射 マグナム
2 x 超次元ムシャ・ホール
3 x メガ・マナロック・ドラゴン

4 x 解体人形ジェニー
2 x 超次元リバイヴ・ホール

2 x 音精 ラフルル
3 x 絶叫の悪魔龍 イーヴィル・ヒート
3 x 勝利のアパッチ・ウララー
4 x 蒼き団長 ドギラゴン剣

1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x アクア・アタック〈BAGOOON・パンツァー〉/弩級合身!ジェット・カスケード・アタック
1 x 紅蓮の怒 鬼流院 刃/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ
1 x 銀河大剣 ガイハート/熱血星龍 ガイギンガ
1 x 流星のフォーエバー・カイザー/星龍王ガイアール・リュウセイドラゴン
1 x レッド・ABYTHEN・カイザー/シャチホコ・GOLDEN・ドラゴン

詳しいことは追記より。
デッキの課題として
・ウソと盗みのエンターテイナーが重い
・マナロックがキーカードではあるがスペースの都合上枚数を甘えている
要するに、テイナーを焼きながら展開できるムシャホールとマナロックを何処かに入れたいというわけです。
この環境において呪文を抑える必要があまりないということを失念していたのでラフルルは抜ける枠かもしれません(ここは人と環境によります、ラフルルをピン挿しにして、マナロック4枚目だけを追加するというのはアリかもしれません)

実際に触ったのはここ数日なので、もうちょっとがっつり回せば結論が出るんでしょうけど、それは皆さんに任せます。5cバスターが主流となりつつありますが、デアリガズもしっかり勝ちを取りに行けるデッキだと思っているので、研究が進むことを祈っています。

・共通の振る舞い
先攻、後攻で打つカードを変えます。
(2t目のブーストに成功する前提で)
先攻ならば神秘の宝箱orライフプラン・チャージャーを優先的に。先手の手札差をごまかしたり、確実にマナロックに繋げる為の布石となります。
後手ならば解体人形ジェニーorマナ・クライシスを優先的に撃ちます。後手の行動の遅さをある程度カバーします。

(先手後手のカードを両方積む、というのは新倉敷CSに出た時に剣崎さんよりアイデアをいただきました。ありがとうございます)

優先的に、という話なので後手でも宝箱やライフプランを撃つ選択肢はあります。具体的にいえばゆっくり動く相手なんかは先攻用のカードを使っても次にビッグアクションが起こせないのであれば全く問題はありません。

逆に先手で解体やマナクラを撃っても問題はないですが上から多色を引くと何もできなくなって悶絶することが多数あり、特にマナロックを置いてムシャホールを撃つ、みたいなことが多数あったのであまりやりたくはない行動です。やりますけど。

あと、ラフルルを引き続き入れる場合、待てるプランがあるなら積極的に待って単騎ラフルルのエクストラウィンを狙うのが得策です。
最近流行りだしてるメメントはじめとするトリガーD2フィールドには無力なので、見えたらそれらを頭に入れておく必要があります。


・各デッキに対しての振る舞い

デッドゾーン(ドルマゲドン)
解体、トリッパー、エンターテイナーなどのメタクリーチャーが殆ど抜け、チャージャーやコマンド持ちトリガー生物に変わるため、今の構築だと楽に超えられる相手です。

マナロックを早い段階で降臨させて、単騎マグナムを添えて殴りに行くことがこのマッチングの基本となります。

単騎が無い時は、マナロックのみで殴りに行き、(相手の手札にブラックアウトがないという確信がないならば)革命チェンジをせず、マナロックでひたすら抑え続けることになります。単騎が来たら速やかにやっつけてしまいましょう。

バトクロスはなんとかなりますが、ドルブロを踏むとちょっとめんどくさいことになるので可能な限り初回の殴りは小さめの打点で行きたいところです。

……ここまで書いて思い出しましたが、一戦目の小学生くんにFORBIDDEN STARがあるのにホーリーで殴り返し喰らってたんですよね。勝ったからモーマンタイですけど。

5cバスター
これもやっぱりマナロック+単騎です。単騎を挟めた場合、革命チェンジは打点が膨らんでしまう為、最初の2パンに関してはやりません。1枚目でアルカディアスパークか吸い込む踏んだらそこまでですが、2枚目でそれらを踏んでも痛くも痒くも無いですし。

また、解体を一回挟む時、ブラッキオがあっても単騎で無視できるので、単騎が出せそうならブラッキオ以外を抜けます。
マナクライシスで色を抜いて無視するという方法もあるので、絶対にブラッキオを抜かなければならない!というわけではないです。

総じて、やりやすい相手ではありますが、相手の動きとこちらの動きの噛み合いの悪さ次第では裏切り魔狼であっさり死んでしまうので油断はできません。

NEXT
つらいです。
先手後手関係なしに、メンデルスゾーンで2ブーストされた時点で泣きを見ます。3ターンスタートで火の子なら……うーんそれでも怪しい。
スクランブルチェンジもしっかりと数入ってるので、解体人形の重要度が高いマッチングになります。

NEXTの後ろはガバガバなことが多いので少しでも相手の動きがヌルいようなら容赦無く6点を入れきってしまいましょう。最初の3パンでバトクロスを踏まなければ何も問題はありません。

ただ、こっちのデッキも受けはガバガバなのでNEXT+ハートバーン等で先に殴られると死にます。御注意を。
言うまでもなくスクランブル+マナロでも死ぬので不利対面だと思って下さい

墓地
最近流行りっぽいので一応。
このデッキに関しては単騎よりもラフルルのほうが優先度が高く、ラフルルを0にしたくない理由の一つです。

アツトが8枚体制になり、キングワルスラという最高の相棒が出、アツト→ワルスラと繋げられると墓地が3枚増え、ムシャホールを浴びても1枚のディスカードでクロスまで伸び、バイケンとクロックによるカウンター体勢を素早く整えてくるので、相手としてはやりづらいです。

ブーストのない相手なのでマナロックの通りが良さそうには見えますがそもそもマナロを出す前に打点を一回抑えないといけないことが多かったです。

ガネーシャでなくなったことにより勝利プリンで固めたクロスを消してクロスをG0で出し直す、がやりにくくなってるので、打点がどうしても返せそうにない……という場合には狙い目です。

ラフルルを入れてた時の勝率はそこそこ(体感6-4〜7-3、フリプだったので正確な数は数えてないです、すみません)ありましたが、抜けるとなるとまた話が変わりそうです。

ジャックループ
予選では一度も当たっていませんが、最速ループ以外は基本的に負けません。
現存のタイプは受けがゼロなので、日和らず6点のジャスキルを狙います。
受けが入ったとしても大したものは入れれないはずなので、先攻が取れればボーナスゲーム的な相手だと思います。

ジャックが立った時、どれだけマナが発生するかだけを考えていれば如何様にでもなります。

あと今って天門いるんでしたっけ?それならラフルルは尚更抜けないような、とは思いますが、ここは環境次第、というとても便利な言葉を使って割愛しようと思います。
天門は以前から変わらず、マナロックと解体で縛り上げて、盾に何もないことを祈って……というくらいなので……

こんな感じでしょうか。
昔ながらのデアリガズ次元の発展形となるデッキなので、昔からやっている人はこのデッキはかなり使いやすいのではないかな、と思います。
今後とも使い倒していきたいデッキなので、また頑張って練っていこうと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する