Entries

【デッキ紹介】赤緑青t白紅蓮ゾルゲ(オールフォーワン型)

デッキ組んだはいいけどお披露目する場がないからいいやってなって放置してたデッキシリーズ。
なおこのシリーズは単発な確率が非常に高い模様。

デッキリストはこんな感じ。

『紅蓮ゾルゲ』

4 x 鬼の襲撃 モエル
2 x 激流アパッチ・リザード
2 x 永遠のリュウセイ・カイザー

4 x フェアリー・ライフ
4 x 霞み妖精ジャスミン
3 x ライフプラン・チャージャー

3 x パクリオ
4 x ドンドン吸い込むナウ
4 x Dの機関 オール・フォー・ワン
2 x サイバー・N・ワールド

1 x 光牙忍ハヤブサマル

3 x 蒼龍の大地
4 x 偽りの名 ゾルゲ

1 x 紅蓮の怒 鬼流院 刃/バンカラ大親分 メンチ斬ルゾウ
1 x 勝利のプリンプリン/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x ヴォルグ・サンダー/雷獣ヴォルグ・ティーガー
1 x 遊びだよ!切札一家なう!/カレーパン・マスター 切札勝太
1 x アルプスの使徒メリーアン/豪遊!セイント・シャン・メリー
1 x 激相撲!ツッパリキシ/絶対絶命ガロウズ・ゴクドラゴン
このデッキの勝ち筋はもちろん紅蓮ゾルゲによる無限ヴォルグ。ただパッと見どうやってループするのか分からない感じになってるので説明を加えます。

Dの機関 オール・フォー・ワン+鬼の襲撃 モエル+偽りの名 ゾルゲ

1.Dの機関 オール・フォー・ワン(以下AfO)を展開。事前にパクリオを出している場合、AfOのエンド時効果でパクリオや、サイバー・N・ワールド(以下Nワールド)等を投げることも出来ます。

2.手札に鬼の襲撃 モエル(以下モエル)、偽りの名 ゾルゲ(以下ゾルゲ)、山札に激流アパッチ・リザード(以下リザード)があればコンボ始動。モエルを召喚して、エンド時まで。

3.エンド時のAfO効果でモエルを破壊してゾルゲをバトルゾーンに。モエル効果が誘発して、山札からリザードを持ってきます。

(ここから、AfOのDスイッチを起動しておらず、相手の盤面にバトルできるクリーチャーがいない場合とそれ以外の場合に分かれます)




4a.Aルートでは、前者のパターンを説明します。リザードが出てきたところでAfOのDスイッチを起動。超次元ゾーンからサイキックを2体出せるようにします。

5a.紅蓮の怒 鬼流院 刃(以下紅蓮)と激相撲!ツッパリキシ(以下リキシ)をバトルゾーンに出し、それぞれにゾルゲの誘発がかかります。

6a.紅蓮にかかったゾルゲの効果を解決。紅蓮vsアパッチで、紅蓮の勝ち。6コスト以下である、ヴォルグ・サンダー(以下ヴォルグ)を出します

7a.ヴォルグにもゾルゲの効果が誘発。そのまま解決して、紅蓮vsヴォルグ。リキシの効果で紅蓮に+2000、ヴォルグに+1000がそれぞれかかっているので9000vs8000で紅蓮の勝ち。ヴォルグを出します。

8a.7aを気の済むまで回します。なお相手のデッキ内に悠久を統べる者 フォーエバー・プリンセス(以下悠久)があった場合このターンでは殺せません。相手の全てのクリーチャーに勝利のプリンプリンの効果を付与して、ターンを返しましょう。




4b.Bルートでは、Aルート以外で取るべき方法を説明します。この場合だと、盤面にバトルできるクリーチャーが1体余分にいることが条件です(相手の盤面でも構いません、これをXと呼びます)。リザードを出して紅蓮を出します。

5b.紅蓮とリザードにゾルゲ効果が誘発。Xと紅蓮でバトルさせます。紅蓮が勝つので5コストの遊びだよ!切札一家なう!(以下カレーパン)を出します。

6b.リザードのゾルゲ効果解決。カレーパンvsリザードで、カレーパンのバトル時誘発効果で「カレーパンはどこじゃぁぁぁ!」と聞き、バトル時+2000が付与。そのままカレーパンがバトルに勝ちます。

7b.バトルに勝ったのでアルプスの使徒メリーアンを出します(バトルした時は5コストのクリーチャーなので一回メリーアンを経由しなければならない)。そのままバトルして、カレーパンが勝ちます。

8b.バトルに勝ったのでヴォルグを出します。カレーパンの覚醒後のパワーは7000、バトル時効果も覚醒前から引き継いでいるのでヴォルグに勝てます。これで無限ループです。なお相手のデッキに悠久が(以下省略)

これがメインルートとなります。但し、デッキの中にリザードがいることが絶対条件になるので偏りで3~4ターン目に全部引き切る、ということはままあります。その場合は無暗にマナに置かず、マナ以外の領域(手札に抱え続ける、バトルゾーンに出してAfOで破壊する、など)にリザードを置いてからNを出すことが重要になります。
また、バトルゾーンにモエルが居るときに蒼龍の大地でマナからゾルゲを出すとゾルゲの効果でモエルを破壊でき、モエルでリザードを出してそこからループ、もできるのでマナ落ち自体はある程度ケアすることができます

また、パクリオ+Nが両方採用されているので疑似的なNパクリオができます。相手のデッキの質を落としつつデッキを削っていくので、制限時間にゆとりのある大会ならば一考できるルートです。
もともとNはパクリオ+AfOでコンボギミックで消費したハンドを増やすため、ハンデス相手に強く出れるようになるために積んだものですが、マナが伸びきってしまえばサブフィニッシャーにもなりえる優れものです。
LOコンボだからやること被ってる?盾落ちマナ落ちのケア+悠久貫通のLOコンボだからゆるして

ズンドコを使うオプティマスが温泉に行ってしまったので、無理にAfOで差別化を図る必要性はなくなってしまいましたが、ズンドコの場合無限ヴォルグをやった後に自分がデッキ切れで死ぬ可能性が十二分にあり得るのでそういうことで。
(殿堂前のオプティマス同様、スイッチでゾルゲ、手札から紅蓮を出してパパっとループは完成します)

まあそんなこんなで実用性皆無に等しい紅蓮ゾルゲのデッキでした。
じゃあの!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する